« 同じ魂は引き合う それは縁である そして家族 信者一考 | トップページ | 取材が多い その理由とは・・・ 心の時代 »

2014年5月24日 (土)

『吾輩は山鳩である』 空から社会や人間を観察して落胆する

2014_0421_140900dscn6554



吾輩は名もなき山鳩である

空を飛んで世の中を見ておりますが世の中は慌ただしく

人を平気で傷つけても何も思わない様でございます

地域を飛び回っておりますとこれといった基幹産業もなく

皆都会へと移動してしまうのです

地域の人口は減り子供も減り町の活性化などある筈がありません

あと数年もすれば子供を産める女性達の60%以上が地域を去り

都会の人となってしまうという調査結果もあります

空を飛びまわっておりますと色々なものが観えて来るのです

人間社会も益々弱肉強食になり弱い者が生き残れない世界に

なりつつあります

自分さえよければいい

そういう風潮ばかりが台頭してきてこれ程多くの人間様がおりますが

皆我がまま手いっぱい

その親に育てられた子供達の我儘ぶりには閉口しています

しかし親はそれを叱りなどしません

逆に学校などに乗り込んで行く始末なのでございます

倒産は増え人は母子家庭を強いられ生活保護などは

驚くほど多い

社会が良くなっているとは到底思えません

社会は暗闇の中にあり人間は益々心に余裕が無くなり

心の病に陥って行くのです

国の借金は過去最高を記録するとか

それを換算致しますと人間一人あたりの借金が800万円を

超えた様でございます

私如き名もなき山鳩が社会に何も言うことはできないのです

唯人間様にはもっと心の充実した生活を送って欲しいと

願っているのです

ゆったりと構えて


2014_0421_152909dscn6558



2014_0421_152915dscn6559



2014_0421_152917dscn6560



あっ キジ君じゃないかぁ~

しばらくだね

キジ君も大変だねぇ~

あっち行ったりこっち行ったり 又あっち行ったりで

人間社会も混沌としてせわしなく忙しいを時を無為に送っておりますね

そういう人生だけは送りたくないなぁ

悠々と生きてみたい

ワシにはなれないけれども僕は僕なりにね~

貴女は貴女らしく生きて欲しいと願っておりますよ



白鳳神社 宮司 宮川吉弘拝 



 

 

« 同じ魂は引き合う それは縁である そして家族 信者一考 | トップページ | 取材が多い その理由とは・・・ 心の時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事